生命保険は3種類だけ

生命保険の仕組み

生命保険の仕組みについて、わかりにくいイメージを持たれる方がほとんどですが、基本となる保険は次の3種類だけです。

生命保険は、これら3種類のいずれかひとつに加入したり、メインの保険(主契約)オプションの保険(特約)を組み合わせて加入します。

生命保険の多くは、定期保険・養老保険・終身保険の組み合わせでできています。

生命保険の種類

定期保険

保険期間が一定で掛け捨てですが、高額保障が受けられます。

  • 期間が定まっている保険と書きますので満期があります。
  • 満期までの間に亡くなった場合に死亡保険金を受け取れます。
  • 満期を迎えると保障は終了し、満期保険金もありません。
  • 掛け捨ての保険です。
養老保険

貯蓄と保障が両立できます

  • 老を養う保険と書きますのでお金が貯まっていく保険です。
  • 満期までの間に亡くなった場合には死亡保険金が受け取れます。
  • 満期時に生存していた場合には満期保険金を受け取れます。
  • 死亡保険金と満期保険金は通常同額です。
終身保険

一生涯、保障が継続します。

  • 身が終わるまでの保険と書きますので保障は一生涯続きます。
  • 亡くなった場合に死亡保険金を受け取れます。
  • 貯蓄性もあり、解約すればお金が戻ってきます。
無料相談のお申込みはこちら
生命保険無料相談お申込みはこちら
生命保険の賢い選び方
生命保険見直しのコツ
生命保険の基礎知識
イオン 少額短期 入院保険
イオンペット保険
イオン傷害保険